本文へスキップ

精選商品

錆鐵額  SH1047


                            どの花にも合う、世界にひとつの「錆」

                花 器

  空間に浮いているように見える鐵の額。
  重量は約600gと軽量な、掛け花入れです。
  材質の特性による錆びた色・味わいが、洋花・和花、どちらの美しさも
  惹きたてます。
  背面にはフックなどを掛けて吊り下げるための枠と水受けがついています。



 仕 様 鐵 鍛造・蜜蝋焼付仕上
 サイズ W300×D40×H300
 価 格 ¥30,000 (税抜)
                                         ※作品はハンドメイドのため同じタイトルの作品でもサイズ・重量が異なる場合があります。


 いちばん自然な「鐵の色」
    自然界にある鐵は、錆びた状態の「酸化鉄」として存在します。
    この「錆びた鐵」は赤色、黒色、黄色などを示し、世界中で彩りに使われてきました。
    フランス・ラスコーの洞窟壁画はクロマニョン人たちがこの色で動物たちを描いたもの。
    「錆びた鐵」は最も安定した状態なので変化が少なく、1万5000年経った今でも、かれら
    の用いた色が残っています。
    日本でも建築物の「朱」、漆器の「黒」「赤」などに錆びた鐵が用いられてきました。
    錆の色は、自然な鐵の色…私たちは祖先から、それに美を感じてきたのですね。